きんかん入りピーナッツ大福

監修: 料理研究家 浜田陽子

レシピのダウンロードはこちらから(PDF)

作成量: 6個

和風マーマレードとピーナッツバターが出会ったような、絶妙バランスの一品です。
求肥にもピーナッツを加えることで、食感のリズム感も楽しくなります。

材料:
                     

(きんかんの甘露煮):
                      

きんかん  6個
グラニュー糖  160g
水  200ml

 

(ピーナッツ餡):                

白あん  125g
アメリカ産ピーナッツペースト  大さじ1

 

 

(求肥):              

白玉粉  100g
水  90ml
上白糖  10g
塩  ひとつまみ
片栗粉  適量
アメリカ産ピーナッツ  20g


作り方:

(きんかんの甘露煮を作る)
1.鍋にグラニュー糖・水・きんかんを入れ火にかける。

2.沸騰したら落としぶたをして、25~30分煮る。

3.あら熱がとれたら、きんかんの裂け目から竹串などで種を取り出し、シロップに漬けておく。

(ピーナッツ餡を作る)
4.ボウルに白あん・ピーナッツペーストを入れ練り混ぜる。

5.きんかんをシロップから出し、水分をとる。4で作った餡を6等分にしてきんかんを包む

(求肥を作る)
6.白玉粉をボウルに入れ水を加えだまにならないように混ぜる。

7.鍋に湯を沸かし5cmほどの大きさに6をちぎり入れ弱火にする。水面に浮いてきたらさらに2~3分茹で湯を捨てる。

8.空鍋に7を入れ木べらで錬るように混ぜる。なめらかになったら弱火にかける。

9.8に上白糖を少しづつ加えながら練り混ぜる。塩をひとつまみ加えさらに混ぜ、触ってみて指につかなくなたら火を止める。

10.片栗粉をまぶしたバットに9をあけ、片栗粉を全体にまぶす。

11.10を6等分に分け、形を整えながら7~8cmの円形にのばし、ぴーなっつを一か所に固まらないようにのせる。

12.5を7で作った求肥にのせ下から皮をのばすように包む。