ピーナッツシャルロット

監修: 料理研究家 浜田陽子

レシピのダウンロードはこちらから(PDF)

作成量: 直径15cm

洋ナシやりんごとピーナッツは相性抜群。ピーナッツババロアだけでも一品になりアレンジしやすいレシピです。

材料:
                     

(洋ナシのコンポート):
                      

洋ナシ  1個
レーズン  20g
水  300ml
白ワイン  200ml
グラニュー糖・  90g
レモン果汁  大さじ1


(スポンジ生地):
                      

卵  3個
グラニュー糖  60g
薄力粉  80g(ふるいにかけておく)
粉砂糖  適量


(ピーナッツババロア):
                      

卵黄  2個
グラニュー糖  40g
牛乳  120g
生クリーム  120g
ゼラチン  6g
ピーナッツペースト  70g


(アプリコットナパージュ):
                      

アプリコットジャム  50g
水  50ml


(飾り用):
                      

セルフィーユ・  適量




作り方:

(生地を作る):

1.下準備。オーブンを180℃に予熱する。クッキングシートに直径13cmの円と7cm幅の線を書いておく。

2.スポンジ生地を作る。卵白をボウルに入れ泡立てる。グラニュー糖を少しづつ加えながらピンと角がしっかりと立つくらいまで泡立てる。

3.2に卵黄を加え混ぜる。さらにふるいにかけた薄力粉を加えゴムベラで切るように混ぜる。(泡が消えてしまわないようまぜ過ぎないように気をつける。)

4.1でクッキングシートに書いた線を目印に1cm口金で生地を絞り出す。円形のものを1枚と7cm幅の縦絞りで、帯状のものを作る。

5.生地に粉砂糖をまんべんなくふるう。粉砂糖が生地に染み込んで消えたら、もう一度ふるう。

6.80℃のオーブンで10分焼く。外がさくっと中がふんわりしていたら完成。

(ピーナッツババロアを作る。):

1.ボウルに卵黄・グラニュー糖を入れ白っぽくなるまで混ぜる。さらにピーナッツペーストを加えなめらかになるまで混ぜる。

2.牛乳を鍋に入れ、沸騰直前まで中弱火にかける。1に少しづつ加えなめらかになるまで混ぜる。

3.こしきで漉しながら鍋に戻し、水でふやかしたゼラチンを加え弱火にかけてゼラチンを溶かす。溶けたら火からおろし、氷水などにあてながらとろみがつくまで冷やす。

4.生クリームを6分立て位に泡立てる。生クリームを1/3程とり12と混ぜ合わせる。さらに残りの生クリームも加え泡をつぶさないようによく混ぜる。冷蔵庫に入れ冷やしておく。(固まらないように時々混ぜる。)

(組み立てる):

1.焼いた帯状の生地を6cm幅になる用に片端を切り、セルクルの内側にそわせて立てかけるように置く。足りない部分は継ぎ足して隙間がないようにする。円形の生地は13cm直径にはまるように端を切り、焼き面を底にして敷く。

2.洋ナシのコンポートの水分をよく切り、2mm幅に切る。レーズンも水分を切っておく。

3.1に洋ナシのコンポートのシロップを全体にはけでぬり、ピーナッツのババロアを流し入れゴムベラなどで上を平らにする。

4.洋ナシのコンポートを中心から花びらの形になるように並べ、レーズンを散らす。

5.アプリコットナパージュをはけで全体に塗り冷蔵庫で冷やす。最後にセルフィーユを飾る。