達成目標

専門調査チームの目標は、サステナビリティについて業界内での共通の認識を創造し、消費者、有識者、企業より、適正で一貫性のある科学原理に基づいた取り組みと評価されること、そして各関係者が日々の業務の中にどのようにサステナビリティへ取り組めるのか、目標設定や、方法の助言、様々なサポートを提供することにあります。

ピーナッツ産業のサステナビリティ(持続可能性)に関する情報

キーストーン・レポート(Key Stone Report)

最終結果-アメリカのピーナッツ産業の全生産地域における資源効率性調査(2010年8月)(Final Results - U.S. Peanut Resource Efficiency Measures All Regions, August 2010)

アーカンソー大学の持続可能性についての提言(University of Arkansas Sustainability Proposal)

アメリカのピーナッツ製品に関するスキャンレベルでの温室効果ガス排出の分析

APC理事会-持続可能性に関する委員会-2011年3月議事録(APC Board of Directors Sustainability Committee, Minutes March 2011)

APC理事会-サステナビリティ・イニシアチブ専門調査チーム-2011年3月10日議事録

APC理事会-持続可能性に関する委員会-2010年12月議事録(APC Board of Directors Sustainability Committee, Minutes December 2010)

APC理事会(The APC Board of Directors)-持続可能性イニシアチブ専門調査団-2010年12月9日議事録)

PB&Jキャンペーン-より健康な地球を目指して(PB&J Campaign for a Healthier Planet)

PB&J(ピーナッツバターとジャムのサンドイッチ)のような野菜・果物を中心とした食生活が、地球における二酸化炭素排出の削減に貢献

プランターズ社ピーナッツのサステナビリティ・キャンペーン(Planters Peanuts Sustainability Campaign)

Planters社の"Peanuts Naturally Remarkable Sustainability Campaign"は、農業慣行を大きく向上させることを目標としています。